日英 字幕翻訳・英語教育

New Language Connection

​info@nlc-jp.com
+81-(​​0)3-​​​​6811-7170

基本のキ - 意味と文の要素

現在進行形―これは英語ではpresent continuousといいます。
continuousはcontinue(続く)ということです。
自分の生活の中で続いている状態にあることを言う、もっと言えば、自分の中では続いていると感じられることがらであるなら使える形です。
「続いている」とはその行動が既に始まっているが、まだ終わっていない状態のことです。

例えば、今これを書いている私はコンピューターのキーボードを打っています。
そこでそれを誰かに伝えるのに:
I'm typing now.
自分から見ただけでなく、誰が見ても、明らかに今この瞬間、続けられている行為です。

次の例はどうでしょう?
友人の誕生日会を来週土曜に計画しているあなた。
誰かにと来週何してるの?と聞かれたとして、こう答えます。
I'm throwing a birthday party next Saturday.
この計画を遂行するためにはそれなりの時間と準備が必要になります。
throwing a birthday partyという行為は、自分の中では、その計画・準備などを含めると、もう今から続いている行為なのです。
これがよく「現在進行形は未来も表す」と言われる用法です。
現在進行形は、「今この瞬間にされていることを表す」のと、「未来を表す」のと二つの用法がある、と覚えても間違いはありませんが、「現在でも未来でも自分の中では続いていることを表す」と、ひとまとめに考えた方が使いやすい人もいるかもしれません。

文法の要素としては S + be + V-ing *1
(主語 + be動詞 + 動詞のing形)
となり、 このbe + V-ing動詞部です。
なので動詞が二つある、というのではありません。
V-ingのVがCやOを取る動詞なのであれば
S + be + V-ing + C *2

S + be + V-ing + O *3
となっていきます。

*1 I am walking.
S: I
V: am walking

*2 You are being nice.
S: You
V: are being
C: nice

*3 He is emailing her.
S: He
V: is emailing
O: her

さて、ここでひとつ注意したいのが、現在進行形をとれない動詞です。
つまりI'm V-ingの形では使わない動詞というのがあるわけです。
そこで次のページではその動詞群のご紹介です。