日英 字幕翻訳・英語教育

New Language Connection

catchpole@nlc-jp.com
+81-(​​0)3-​​​​6811-7170

コンテンツのアーカイブ

英語は日本語と同じくらいに奥が深いものです。 英語に限らないことだとは思いますが、母国語以外の言語を一つ知ると、入ってくる情報・世界が広がってくるのを感じることができます。 ただその中でも英語は今、国際的に共用語となりつつあるだけあって、その日本語だけでは絶対に手にすることのできない情報量の多さに圧倒されます。 私が英語を勉強し始めたのは英語が必須科目となった中学校に入ってからでしたが、外国語に対する憧れは幼少の頃からあったと思います。 昔、私が幼稚園に入るか入らないかの頃、近所の公園で遊んでいたときに、たまたま英国から来た子供の兄弟に出会いました。 砂に指で絵を描き、色々と
今日のレッスンで生徒さんが持ってきてくれたものがNHKのラジオ語学講座のテキスト2冊。 1つはビジネス英語でもう一つが英会話。 このビジネス英語のテキストに出てきた表現”cut the mustard”が話題になった。 Wall Street always needs top-level talent, and I'm sure Brian will be able to cut the mustard. 「これってよく使うんですか?」 ...
最近、私は海外ドラマ "Desperate Housewives"(邦題:『デスパレートな妻たち』)の中で、面白い表現を見つけました 。 (この先ネタばれ注意です!!) わりとガッシリとかっぷくの良いCarlosには美しくゴージャスな姪がいます 。それを見たJohnがCarlosに向かって"Wow. It must've been a windy day when the apple fell from that tree."と言います。ちょっとした笑いどころでしたが、これ、どういう意味なのでしょう? 英語にはもともと "The apple doesn't fall far from...
よくあるシーンですが・・・ 会社で・・・ A: もうお昼行ける? B: 実はまだ仕事が終わってなくて今日はお昼には行けないかもなんだ・・・ また今度でもいい? この、『今度でいい?』の部分です。 In the office・・・ A: Hey! Ready for lunch? B: Um... I'm still working on this project, and I don't think I can go for lunch today... Can I take a rain check? “Can I take a rain...
「Noが言えない日本人」というフレーズをよく耳にします。『海外へ行くと、日本以外の国の人達はちゃんと「いいえ」と、嫌な時は断ったり、できないことはできないとしっかり言う』と聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。 実際にアメリカではみんなどれくらいハッキリ「No」を言うのでしょうか。 例えば誰かに"Let's go for...

Another~という表現

2007年05月25日 15:36
"another"という単語は別に何の変哲もないように見えて、きちんとその意味をわかっているのと、いないのとでは、会話中に相手の言っていることへの理解度が変わってきます。 例えばあなたの友人Aさんが次のように言ってきたとします。 A: I bought a Sting CD last night. B: スティングのCD買ったんだ~と言ってる友達。 どんな返事をしますか? 1. That's nice. 2. How was it? 3. Oh you like Sting? etc... いろんな返事のしかたがありますね。 それではこちらはどうでしょう? A: I...

Abbrev.[省略形]について

2007年05月17日 01:06
さて、タイトルからしてありがちなabbrev.、つまり省略形についてです。 こんなことを書こうと思ったのも、最近私の職場でやっているメールサービス『idiom-of-the-day』(今日のイディオム)というe-mail に、何が起こったのかここのところIdiomではなく Abbrev.が届く様になってしまったからなのです。 これじゃぁ『Abbrev.-of-the-day』である。 "AA"=Automobile Associationとか"BA"=Bachelor of Artsとかで始まり、どう見ていてもアルファベット順だ。 ん?と思ったのが、"CD"。さて、何の略?...
さて先週の『よろしくお願いします』は英語で何て言うの?Part Iの続きです。 「念を押す」ほかにはどんなシチュエーションがあるでしょうか。 「よろしくお願いします」と言ってペコリと頭を下げている様な場面と言ったら...。 そうです。 やっぱり挨拶でしょう。そんなわけで... <例1> 初めて会う人との挨拶。新居先でのご近所さんへの挨拶、会社で訪問先への挨拶... できるだけ日本語と同じ長さになる英語にしてみました! A: ○○と申します。 A: My name is ○○. ...
実はつい最近聞かれたことです。 4月18日の『お疲れ様』って英語で何て言うの?と同じく、非常に日本語的な表現現だなぁと思います。 そういうことですので、やはり日本語と同じ様な感覚で全くように使えるひとこと英語はないのです。 …が、やはり同じ様なことを伝えようというのなら手段はあるはずです。 この質問をして来た人が考えていたのは、既に相手に「これとこれを何日までにやっておいてね。」と伝えた後の、最後の別れ際に「じゃぁ、お願いしますね~。」という感じで伝えたかったというもの。 実際に日本語でも何をお願いしているのかを考えてみるといいかな、と思います。...
『"What's up?"って言われたら何て言ったらいいんですか?』 って聞かれたことはありませんか。 いつもその答えで、「How are you?と同じ」とか「"What's up"で返しても良い」とか色々聞くのですが、やっぱり例がないと、そう簡単に覚えてしまうのは危ないかなと感じます。 そういうわけでいくつか例を挙げてみます。 <例1>友人同士がばったり(男性でも女性でもあり得ます)... A: Hey! What's up? B: Not much. <例2>友人A(男性/女性どっちでも)が友人C(男性)を友人B(男性)に紹介 A: Hey! This is C. B: Hey,...
アイテム数: 21 - 30 / 36
<< 1 | 2 | 3 | 4 >>